久保智のひとりごと・・台風

台風24号は、21号と同じように、風による被害をあちこちにもたらしました。
そしてその後を追うように台風25号が・・困ったものですね。

台風24号では、よもやと思われた、国道42号線鬼ヶ城西口の土砂流入・・1日12時過ぎまで通行止めとなって、通勤通学だけでなく流通にも大きな影響がありました。
思えば、私が中学の頃今の位置に国道ができたのですが、それから約半世紀・・ここんところの崩落、落石、土砂崩れは、長年たまってきたひずみが出て来てるのかもしれませんね。

さて、今回の台風も風が強く、あちこちで建物への被害が目立ちました。
私の住む地域でも、建物が崩壊したり、屋根が飛んだり、瓦が捲れたりという被害があちこちで見られたのですが、特に気になったのは空き家だったり倉庫だったりと、人が住んでいない建物の被害が多かったことです。
居住している建屋に比べ、メンテナンスの面でどうしても劣ってしまうことが原因なのかもしれませんが、やはり気になるところではありますね。

私の地区内で倒壊した建物は数十年人が住んでおらず、以前から倒壊するのではと近隣の方が心配していたとか・・全国的にもこういうケースは多いらしく、昨夜のTV番組でもこの問題が取り上げられていました。
個人資産と言うことで、空き家に関する法律ができても、行政ができることは限られていて対応に苦慮されてますし、近所ではそれが倒壊したり風によって飛散したりすることによる、もらい災害に不安を募らせています。

放置された古い建物は、中山間地域だけでなく市街地でも大きな問題となってきています。法整備がなされても、所有者がわからなかったり、経済的な理由で対応が出来なかったりするケースもあって、法自体も効力を為さないことも多いと聞きます。
少子高齢化、人口減少社会の大きな課題ですね。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中