熊野市議議員久保さとし・・・今の私にできることを

今の私にできることは何なのか・・それをずっと心の中に置きながら動き回る日々ですが、果たしてその内容はと問われると、市民の皆さんのメッセンジャーのような仕事が多いことも事実です。

しかし、市民の皆さんが市民生活の中で不便をかこっていること、また、行政にその実態が伝わっていないことを行政に伝え、対応を促すことも市議としての大切な仕事であることは間違いありません。
ただ、市議としての仕事はそれだけではない・・行政に対する監視機能を果たすことや政策提言を行うことなど、多くのことを求められていることも忘れてはいけません。

さて、私に戻りますが、これらの仕事をカバーしながらも、何かもっとできることがるのではと考えていて、以前関わった産業やそれにかかわる人的ネットワークを活かすことを少しずつ始めました。
その結果、少なくともいくつかの事例で小さな流通が密かに動き始めています。
その中でわかってきたのは、これまで正論とされてきた理論や理屈が及ばないマーケティングの方法もあることでした。
また、地方から都市と併せて地方から地方という二つのネットワークの形を並行して維持していく、また、求められているものに応じるだけでなく、求められるものをプロデュースすることなど、前職時代からやってきた、都市部における価格変動に左右されることの少ない販路の確保も可能であることが間違いではないことも少しですが実証されています。

地方と都市部、地方と地方・・それぞれを繋ぐチューターとしての役割を果たすことで、熊野に小さくても実のある利益をもたらすことができるのではないか・・
それは、予算執行権が無くても、民と民の間でお役に立つことができる・・少なくとも行政の手を借りることもなく、行政におもねることなく私の力でできることなのです。
このようなことは、本来の市議の活動からは少し外れているように思われるかもしれませんが、市議が地域の経済の活性化のために活動することは、自分が利益を享受しない以上やってはいけないことではないはずです。

細いパイプであっても、それが強固なものであれば、確実に利益をもたらしてくれます。絵に描いた大きなエレベーターやエスカレーターはいつまでも動いてくれません。
まさに「小さなことからコツコツと」ですね。

私が持つ能力など小さなものですが、出会いによって得た知恵や知識、そして人材の引き出しは、私にとってはとても大きな財産となっています。
「今の私にできること」は、この財産を持ち腐れとしないよう、多くの方に活用していただけるよう動き回ること・・そう信じて動きたいと思います。

また、近々いろんな方とのコラボの中で、未来に向けたまた別の動きも実行していきます。身体が悲鳴を上げかけてますが、もう少し負荷をかけて前に向かいますので、つぶれないよう頑張りたいですね。

熊野市の未来に花を咲かせるために・・できることをできる限り・・
自意識に過剰にならないよう・・自分本位にならないよう・・独りよがりにならないよう・・を戒めとして

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中