久保智のひとりごと・・・人として

先日来、虐待のニュースがワイドショーで大きく取り上げられています。
モリカケ問題も、日大事件も、ドンファン事件も・・そしてこの事件も同列にワイドショーネタになり、評論家、専門家と称する方たちが論評をする・・

それって、皆同じ取り上げ方なんですよね。
大きなボードに、分析するための事実関係とされるものを張り出し、それをめくりながら比較していく・・まるで推理小説の謎解きみたいに・・それに加えてその責任を追及する論評が勝ち誇ったように強い口調で・・なんかおかしい、なんか違う、そんな気がしてなりません。

虐待は事件であるけど事件ではない・・社会問題だという論評がありました。

人として持ち合わせていなければならない「心」を失った・・いや持ちあわせていない人間という動物が本能に任せて弱者をいたぶる。
サイコパス(良心の欠如、冷淡で共感しない、平然と嘘をつく、行動に責任がない、罪悪感が無い、自己中、口達者な精神病質者)のなせる所業で、DVも同じくこの種の人間が起こしているとも言われます。

どうしてこういう人間が増えてきたのか・・世相、教育、核家族化、バーチャル世界等々・・いろんなことが原因とされていますが、今の世の中の刹那的な世相が大きな原因とも言われています。
刹那的(一時的な快楽、享楽だけを追い求めること)・・突発的に起きる事案を劇場的に取り上げて燃え上がらせ、それに飽きると見たら次の事件を劇場化して取り上げるマスコミ・・まさにそれを言い当てているのかと・
こんな親に、大人にしたのは誰か、何かに転嫁するような論評・・虐待を見抜けなかった児相を攻撃しながら、その親に関係する家族を世の中から抹殺してしまいそうな報道・・そこにはまた良いネタができたとほくそ笑んでいるマスコミがいる・・

ゆるして・・と書いた5歳の幼子の心中・・守ってくれるはずの親が行う所業・・どんな思いで短い命を終えたのか・・もう胸がかきむしられるような思いでいっぱいです。
他の事件、事案と違う、人としての本質を問われることが、まるでドラマのように同列に扱われる・・そんなことで良いのか・・そう思うのは私だけなのでしょうか・・

人として・・・人の心を持つ、人の心を敬う、人の心を推し量ることができる人でありたいですね。

 

 

 

 

 

 

昨夜・・虐待のニュースを見て・・ゆるして・・と5歳の子供が書いていたこと・・胸がかきむしられるような思いになりました。
が・・こんな親に、こんな大人にしたのは誰か・・育ちや世相にそれを転嫁する・・虐待を見抜けなかったと児相を攻撃し・・また良いネタができたとほくそ笑んでいるマスコミがいる・・
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中