熊野市議会議員久保さとしのひとりごと・・インバウンド

インバウンド・・「外から中に入り込む」とか「内向きに入ってくる」とう意味だそうですが、近年では外国の方が日本を訪れ観光する・・という意味で使われています。

そしてこの言葉が、日本経済にとって大きなキーワードとしてもてはやされるようになってきました。
「爆買い」で有名になった某大国からの観光客の例を挙げるまでもなく、確かに大きな外貨を落としてくれることもあることから、都市、地方を問わず観光産業におけるインバウンド対応にやっきとなっています。
所用で訪れる機会が多い京都、金沢、高山などにおいては、いろいろな国の言葉が氾濫し、有名な観光スポットではどこの国かわからないほどの賑わいとなっています。案内板やパンフレットなども英語、中国語、韓国語等のものが用意され、プロのガイドがその案内を務めています。
全国各地でも、その地域を挙げてプロモーション活動を行っていて、外国からの観光客の誘客を果たそうとしていまし、熊野市をはじめこの地域においても、熊野古道などの観光資源を活用したインバウンドへの対応が図られていますが、さて、この「インバウンド」というキーワードは本当に熊野の地を救うものとなりうるのでしょうか。

実は、ここ数年何度か訪れている京都、金沢、高山などにおける現状は、確かに経済的には潤う部分もあるかと思いますが、日本人が好んだ観光地としての魅力が薄れていることも囁かれています。
日本各地の有名な観光スポットに、多くの外国人観光客が押し寄せ、静かに寺社仏閣を楽しむという日本人が好む観光ができなくなってきていて、そのうえ、場所をわきまえない写真撮影、大きな声での会話、ごみ捨て等そのマナーも大きな問題となっているのです。それに、経済効果についても「爆買い」を観光地で行うことはまず考えられず、飲食についても決められた旅行メニュー以外のものについては大きな期待はできないとも言われています。
また、欧米やオセアニアなどからの観光客の多くは、真にその自然であったり文化を楽しみに来る方が多く、ゲストハウスや簡易宿舎に宿泊し、リュックを担いで各地を巡り人が多いことから、こちらも多くの経済効果を期待できるものではありません。

ある、観光エージェントと話す機会がありいろいろお話を伺ったのですが、インバウンドに多くの期待をかけ、大量に外国人観光客を迎え入れるということに重きを置いた観光事業を行っていくと、固定客である日本人観光客を失うことにもつながってしまう危うさがあるということでした。

インバウンドという言葉には、マーケティング分野において「写真や動画などのコンテンツを充実させ、情報を発信し消費者に見つけてもらうことによって販売促進を図る」インバウンドマーケティングということの意味も有します。
積極的に外国の方を誘うのではなく、日本のことを知りたい、訪れてそれに触れたいという外国の方からアクセスしてもらい、熊野に興味を持ってもらって訪れてもらうという意味でのインバウンド・・そのための手法としての「写真や動画などのコンテンツを充実させた情報の発信」がまずは求められるのではないかと思います。

そして一過性の観光を求めるコース旅行ではない、熊野に触れ熊野を楽しんでいただける体験型観光を定着させることが、日本人も外国人も楽しめる観光地として生き残っていけるのではないかと考えました。

先日訪れた京都、奈良の寺社仏閣で目撃した喧騒・・「昔、ここに来たら心が洗われたんだけど、今では心が痛む・・」とおしゃっていた年配の方の言葉が心に残りました。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中